自分の子供が帰国子女になることと出羽海系帰国妻について

自分の子供が(なんちゃってかもしれないけど)帰国子女になることについて
ぼやいていたこと



駐妻になってしばらく、
自分の子は「帰国子女」になると気がついて以来、

複数言語を操れるけど薄っぺらいことしか話さない人よりも、
日本語しかできなくていいから物事を深く又は先のことまで考えられる人
になってほしいとしばしば思います。

で、私はどうサポートしていけるだろうか。

うーん…わからない。
とりあえず正しい日本語を教えるとか?
想像力豊かな方向にもってくとか?
自分の変な英語アクセントがうつらないようにするとか?

模索中です…といってもこの方向だと日本で育ててるのと変わらないですね。
海外だから~と言ってあまり気負ってる部分はありません。

しいていえば
「ただし近所の他人は基本言葉通じないよ」と
対策で簡単な英語挨拶仕込むくらいでした。



私自身は帰国子女ではないのですが
子供の頃、クラスに帰国子女が多かったことがあります。

数年間自国育ちとして帰国子女と共に過ごした結果、
「帰国子女でできる子良い子は帰国子女じゃなくても素敵な子だし、
帰国子女でアレな子は海外経験ある分厄介だ」
と思うようになりました。

アレ…というのは、事あるごとに海外ネタぶち込んできてめんどくさいとか
外国語の発音は素晴らしいけど、それで言ってる内容は…的な
そういう感じです。(フワッとフィーリングで話しております)

まさか自分が育てる側になるとは思ってなかったけど、
とにかく自分の子には前者になってほしい!

なれるかなー(´-`).


これは駐妻になってからですが、
駐妻の出羽海の噂を見聞きするようになり、
「○○では〜」という話ばかりしてた帰国子女のクラスメイトのことを思い出すようになりました。

最初は外国の話ばかりして「つまらない奴だ」と思ってたけど、
だんだん
「『この子は海外で暮らしてたこと』以外にアイデンティティが無いのかなぁ」
と思うように。

そのくらい海外住みのネタをねじ込んでくる子だったのもあるのですが。
ちなみに他の同級生は塩対応して流してました。

自分の子がこうなっちゃうのは避けたいな~

と思いつつ、自らも気を付けないといけないと気づく。
私も気を抜いたら「海外で暮らしてたことだけがアイデンティティ」になるかもしれません。



でも今どき外国に住んでたことくらいでそれがアイデンティティ(または個性)になるのか?

昔と違って海外経験のある人なんかごまんと居るし、

自力で臨んで海外に行った人の方が心底すごいと思うし、

夫にくっついてっただけの、
日本人もたくさんいる外国と真の意味で言えるのかそれは
みたいな、そこそこ色々用意してもらってる環境で、
仕事もせずぬくぬくしてた経験なんて自慢話どころか黒歴史…


って考えて暗くなりがちだから、
せめて自分なりに海外生活楽しもうと思って
日本じゃ見られない景色見たりー
動物見たりー
北米製日用品に順応してみたりしたら
結構面白かったです。

海外生活ネタ以外にも会話のネタがあるような人になったら、
イタい海外かぶれ扱いを回避できるかな〜( ˘ω˘ )



とかいろいろ考えたりすることもありますが
結局子供は完全には
親の思った通りに育たない可能性も多々あるでしょうし!

私が頑張っても出羽ノ海系帰国子女になっちゃうかもしれないし
私が頑張らなくてもまともな子に育つかもしれない!
「子育てはギャンブル」ってうちの母も言ってたし!

あと結局自分については

なんだかんだ言って「自分大好き人間」なので
なんとかなるっしょ!と前向きに考えています。




とりあえず今は超長期の産休&育休期間だと思ってます(∩´∀`)∩イエーイ!

ありあまる自己肯定感と共に。
2017年年末。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する